自己愛性人格障害者のモラハラ対策のためのサイト

未分類

「死ぬしかないな」という脅し

投稿日:

死ぬしかないな、って

自己愛性人格障害者はよく言う。

ただそれは

「もう死ぬしか道がない」ていうところまで

追い込まれているっていうアピール。

これは間違いない。

本来「もう死ぬしかない」状況まで

追い込まれてしまう人って、いちいちそんな事

他人にいえない。

そこまで追い込まれてしまう自分が

恥ずかしいって感じてしまうから。

本当に危険な状態に自分がなるまで、誰にも言わずに

「大丈夫ですよ」ってフリをする。

じゃあ、まるで本当に追い詰められているように

相手に見せ付けるあいつらはなあに?って

思ったときに、

その思惑は簡単に透けてみえる。

一つは「もう死ぬしかないな」って自分は

そんなに追い込まれているんですよ、

っていうことを見せ付けて罪悪感を植えつけること。

一つは人を動かそうとすること。

死なない代わりにこうしろよ、って他人に交換条件をつけて

他人を脅そうとしているってこと。

一つは被害者に見せかけて同情してもらったり

それ以上追い込まないようにするための手段。

駆け引き。

自己愛性人格障害者は、自分の生命さえ

駆け引きの道具にしようとする。

それで他人がどれだけ心配しても、振り回されても

知ったっちゃない。

なぜならそれが目的なんだから、ターゲットが

それで思い通り振り回されればされるほど

簡単に命を駆け引きの道具に使う。

そして簡単に「もう死ぬしかない」ってつぶやく。

本当に追い込まれているように見せかけて。

なんならメールしてくる。手紙にしたためる。

死ぬしかない、って脅してまで

自分のターゲットを引きとめようとしたり、

結婚してくれないなら死ぬぞ、と脅したり、

そんなことで得られる結婚とか行動に何の価値もないのに。

-未分類
-, , ,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.