自己愛性人格障害者のモラハラ対策のためのサイト

未分類

自己愛性人格障害者の恋愛の特徴

更新日:

モラ夫は惚れっぽい性格で恋愛体質だと

自分で言っていた。

これは自覚のもとでそう言っていたのか

それともいつでも恋愛準備OKだよ!という意味合いで

言っていたのかは今となってはわからない。

特に交際前の話だったから。

自己愛性人格障害者の恋愛の特徴

自己愛性人格障害者の恋愛は

恋愛と似て非なるもの。

もちろん恋愛感情というものはあるんだろうけど、

それが人とちょっと違う。

自己愛性人格障害者の恋愛の対象

恋愛対象=ターゲット。

そしてターゲットになるのは自分がない人たち。

つまり、自分色に染めやすい人たち。

思い通りに動いてくれそうで、罪悪感やモラルが強い人たち。

つまりモラルハラスメントにはまりやすい人たち。

そういう人たちに恋愛感情を抱きやすい。


ということは、思い通りにならなさそうな人には恋愛感情を抱かない

(抱かないというよりは恋愛感情が続かない)し、

そういう人たちはターゲットとしては不合格になるということ。

思い通りにならないとすっぱり諦めるとかそういう意味じゃなくて、

諦めはしないけどもっと思い通りになって

自分の愛情表現(モラハラね・・・)に愚直に答えてくれるような人を

すぐ探す。

支配欲が満たせそうならそれを愛情であるとか

相手に恋していると感じやすいみたい。

モラ夫にとって、私みたいに愛に飢えていた人間は

恰好のエサだったに違いない。

私はモラ夫の愛を、そのままの愛だと思っていた。

私に執着するのはそれだけ愛が深いからだと思っていた。

途中からものすごい違和感を感じていたけれど、

それはこの人の個性がそうさせるんだと思っていた。

違う違う。結局、愛しているという割にその愛が行動に

全然移せないということをなんとなく気づいていたからだ。

恋愛感情ではなく、支配欲

自己愛性人格障害者の恋愛感情というのは、時に

被害者を思い通りにさせるために用いられる。

そして自分の行為を正当化するのにも

用いられる。

「お前を愛しているからこそ言うんだよ」。

「愛してなきゃ、基本的に放っておくよ」。

有難迷惑な話だけど、本人はいたって真面目にそう言っているから

本当にそうなんだろうなとそのまま受け取っていた。


愛していると言いながら、暴力をふるって暴言を吐く。

それが自己愛性人格障害者。

とにかく強烈に束縛する。

その束縛欲自体が愛だと、自己愛性人格障害者も被害者も

勘違いしている。

「恋愛感情」を取引材料にする

むしろ勘違いしないと、お互いに不都合だからそう思い込もうと

するんだろうけど。

嫉妬するのも愛しているから。

といえば聞こえはいいかもしれないけど、

実際は相手の行動を制限したいだけだ。

自分たちの世界を守りたいからとかそういうことじゃなく、

「そういう汚らしい奴らと付き合うとお前も汚らしくみえる」

「いろんな人にいい顔をする人間が耐えられない」

「お前は信用しているが他の人間は信用していない」

というわけのわからない理屈に落とし込んで、

被害者が自分から「じゃあ、あなたのためにほかの人との

付き合いをやめます」

という方向にもっていきたいからだ。



自分のない被害者は

「そうだよね、だって相手のために尽くしてあげたいし、

別に本当に大切な人を大切にすればいいだけだから」と

どれだけ言われても自分から他との付き合いを放り投げていく。

従順な態度をとる相手というのはコントロールしやすく、

自己愛性人格障害者がもっとも

好ましく思うタイプだ。

尽くす人というのは尽くすこと自体が相手に愛を示す手段だと

思い込んでいる節がある。

だから、愛を示すためには相手の思うように

行動する癖がついている。

それを自己愛性人格障害者が察知して、

そういう人に近寄っていく。

そういうセンサーは非常に敏感。

自己愛性人格障害者は恋愛依存に陥りやすい

被害者は被害者で、なんとなく違和感には気づいているけれども、

自分が思う通りの行動さえすれば愛を獲得できるのだと

必死に相手の思いにこたえようとする。

けれども自己愛性人格障害者のそういう「要求」も

支配欲も終わりがない。

ところが被害者の体力や時間には制限がある。

どちらも有限だから、そのうち全部は叶えてあげられなくなる。

自己愛性人格障害者はそういうときに、

「愛しているなら言う通りにするべき」

「お前は自分を愛していないっていうことだな」

「お前は冷たい人間だ、まるで愛が感じられない」

なんてことを言いだす。

つまり自己愛性人格障害者は

支配しようとすること自体を愛だと感じて、

被害者が支配されてくれるかどうかで

愛の深さを測ろうとする。

そういう特徴がある。

支配されてほしいからこそ、その感覚を求めるために

恋愛を求める、そのためだけに恋愛依存に陥る。

ひたすらに惚れっぽい。


被害者も恋愛依存に陥りやすい

被害者が自分を愛しているかどうか、

というのはあまり関係がなくて、

自分の思い通りに動いてくれるような人間か、

ということだけが愛を測る指標となる。

その愛を欲しいがために、

頑張り続ける被害者も恋愛に依存しやすい。

大体自己愛性人格障害者は

自分が愛されているか嫌われているかなんていう

そういう相手の感情をくみ取る機能を備えていない。

嫌われているなんて本当に知ったら、

生きていることなんてできないから。

他人から嫌われる自分なんて、完璧な自分ではないから。

だから、都合がいいように自分は嫌われているとか

好かれているとか思い込める。

自分のストレスが産まれないようにそこはコントロールできる。



うちのモラ夫は、

よく「お前は自分の分身」と言っていた。

このセリフは、最初はものすごくうれしかった。

けれども、病的な意味合いでそれを言っていると

知ったときはぞっとした。

モラ夫は、本当の意味で私と自分自身が同じような存在だと

感じていたということ。

だから自分がイライラしていると相手もイライラしているはずだという

確信があるのだと言っていた。

そう、自他分離が出来ていないという何よりの証拠。

ロマンチックでもなんでもない。

自分と他人の境界線が出来ていない。

自己愛性人格障害者の恋愛っていうのは、

こういう「相手と溶け込めるか」っていうのは非常に大事な要素。

だからこそ「いや、私は私なんでね」っていう人は合わない。

もちろん、入り口はいちいち支配できそうか出来なさそうかっていうのは

気にしない。



見た目で判断することもあるから、ターゲットにならなさそうな人は

急に自己愛性人格障害者から見放されたりする。

けど、見た目さえよければなんとかコントロールできないか?

何度もチャレンジするのも自己愛性人格障害者の恋愛の特徴だと思う。

しつこいからね。

その時点で、相手もいないのに一人で恋愛ごっこしているようなもの。

-未分類

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.