自己愛性人格障害者のモラハラ対策のためのサイト

未分類

相手に合わせるのが、ストレス

更新日:

モラハラ夫は、他人に合わせるのがストレスに感じる人だった。

どれくらいストレスかというと、

自分の知らない話題が出てくるとすぐ不機嫌になるか、

まるでその話を聞いていないか、くらいの感じで話をそらしてた。


相手が興味のあることから、

話を膨らませようとしない。

他人に興味がないとかそういうレベルでもなく、

その話に興味がないというレベルの話でもなかった。

そういう話をし始めたときは不機嫌になって、

「いや、それよく知らないから。」

といろんな人がいる前で。


ターゲットには、そういう合わせるようなことをしない。

自分がバカにしている友達にもそういう態度をとっていた。

よく親しくない人とか、自分にとって明らかに目上の立場に

なる人にはヘコヘコして、

しっかり合わせようとしていた。

むしろ過剰な具合に。あれが反動形成みたいな

ものなのかな、ということも感じていた。

「嫌いなのに、憎いのに、いちいちヘコヘコしたくない相手なのに、

それでもその反動でヘコヘコする」みたいな。

それ以外の時は、とにかく相手に合わせたくない。

そのくせ、自分の話題に合わせないとこれまた不機嫌になる。

ターゲットである自分も大変だったけど、

付き合いのある人も大変なんだろうなと思いながら見ていた。

-未分類

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.