自己愛性人格障害者のモラハラ対策のためのサイト

未分類

自己愛性人格障害者の言動パターンは一緒

更新日:

自己愛性人格障害者は個性がない。

個性ありまくりの発言をするけど、

それは自己愛性人格障害者の万能感がそうさせるだけ

だったり。

自己愛性人格障害者の防衛機能や防衛反応が

働きすぎているから

過激な言動になったりしてるだけで。


自己愛性人格障害者そのものが特異な人格を持ってるとか

そういうのはない。自己愛性人格障害者は

自分本来の人格は無価値だと思っているから、

その人格が顔を出すことはないから。


だからすべてを「万能として作り上げた自分」に

任せるしかない。

つまり、本来の自分じゃなくて防衛機制で作り上げた

自分に。

だから、個性がない。

個性はすべて押し込められるから。

その代わりに、相手の罪悪感を引き出して

相手をコントロールするような言動、

相手にひたすら優しくしたり

プレゼントをしたり口説いたりして

相手の情を引き出そうとする言動、


あるときは自分を守るために極端に相手を下げたり

万能感に満たされたような言動をしたり、

パターン化される。

どんな趣味を持っている自己愛性人格障害者も、

どんな仕事に就いている自己愛性人格障害者も。


強烈な言葉で相手を非難して、傷つける。

傷つけたうえで、さらに踏みつけるような行為をする。

本当に真剣に謝ってくれたかと思えば、

また同じようなことをする。

他人を傷つけることを、「しつけ」「指導」「愛」だという。

そして、傷ついた他人のせいにする。

自分の罪を合理化して、仕方がないものとして無理やり合理化して

扱う。

パートナーも、パートナーの周りの人間も侮辱する。

自分が成功できないのは、自分の能力を認めない人間のせいだと

嘆き、自分を補佐しないパートナーも同罪だと訴える。

自分がいかにして被害者となり、どういうひどい仕打ちにあっていて、

パートナーがいかに罪深いかを説教する。

世の中は愚かで、何も考えていない人間が多すぎると

世の中を無知な人間ばかりだと考える。


そういう思考パターンになる。

すべては自分を守るためで、これ以外のことを

思考に入れる余地はないから、

言動パターンも同じになっちゃう。

-未分類

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.