自己愛性人格障害者のモラハラ対策のためのサイト

未分類

自己愛性人格障害者と被害者は共依存の関係にある

更新日:

例えば、自堕落な生活を送っている子供と、

それを「本当にダメな子ね」とぶつぶつ言いながらも

支え続ける母親がいる。


これこそが共依存の典型例で、

自己愛性人格障害者と被害者もまさに共依存の関係にある。


自堕落な生活を送る子供は、親を支えにして生きている。

親からもらう食事で、親からもらうお金で、自分の生活を保っていく。

子供は親に依存している状態。

そんな子供を「もう、ダメね」と言いながら世話をし、

「ちゃんと外にいかないとダメだよ」

「ちゃんと勉強しないとダメだよ」

「ちゃんと・・・」と言っておきながら、

外に出なくても済むように世話をする。つまりそういう世話やきを、

自分の仕事だと思い込んで子供に依存している。


ダメね、と言いながら、「そういう子供じゃないと困る」。

しっかりして、自立しているような子供だと

依存できないから困る。

なぜなら、頼られることで「私はいないといけない存在」という

考え方ができるから。

ダメね~と困っているふりをしながら、

依存されること自体に喜びを感じている。

そして、母親が進んでそうすることで

子供はさらに自堕落な生活を送っていく。

さらに母親は甲斐甲斐しくお世話をするようになる・・・

という悪循環。


自己愛性人格障害者も一緒で、被害者に依存する。

責任をとってもらうために、余計な手間を引き受けて

もらうために、悪い自分を投影するために。


そして被害者は被害者で、自己愛性人格障害者が

手間に思うことを自分で察知してせっせとやってのける。


困る困ると言いながら、実際、自己愛性人格障害者が

自分に依存しなくなったら、執着しなくなったら、

それはそれで寂しいと思うのが被害者の特徴。


けれども被害者は母親ではないから、いつか限界がくる。

自己愛性人格障害者と共依存の状態ではどうしようもない

未来が待っていることに気付く。


そこからが、被害者の本当の勝負。

そこで負けたら、一生被害者のまんま。

そこで勝ったら被害者という立場から、その人が選んで

脱出したことになる。

自己愛性人格障害者と被害者の共依存の悪循環は

被害者側からでしか切れない。


-未分類

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.