自己愛性人格障害者のモラハラ対策のためのサイト

未分類

攻撃の名分を、いちいち与えない。

更新日:

被害者が

自己愛性人格障害者に仕返ししてやりたい気持ちは

よくわかるし、そういう気持ちが芽生えるのも

おかしいことじゃない。

ごくごく、自然なこと。当たり前のことであって、

「こんなこと考えるなんて、本当に

自己愛性人格障害者と同じになってしまう」とか

考えなくていいと思う。

自分を攻撃してくるやつをコテンパンにしたくなるのは、

あるある。


けど、覚えておいたほうがいいのは、

自己愛性人格障害者に仕返しすればするほど、

それは自己愛性人格障害者が「こいつが攻撃されるほどの

事をした」

「こいつが挑発してきた」

という名分を与えることにしかならない。


自己愛性人格障害者の時系列なんて勝手に書き換えられるから、

自己愛性人格障害者が放ってきた暴言に対して

キレまくっても、

自己愛性人格障害者にとって自分の暴言は棚に上げて

「こいつが急にキレだしたから、もっとお仕置きして

やらなくては!」

みたいな心理が働くのが当然だから。


ちゃんと言わないと絶対わからないから、

と自己愛性人格障害者の言うことにマトモに向き合い続けていると、

体力と精神力がなくなってしまうのは確実に

被害者のほう。


戦いを続ければ続けるほど

自己愛性人格障害者のほうはと言うと

どんどんパワーアップしてきて、全然ヘコたれないし

むしろ最凶の状態になっていく。

精神的な攻撃から物理的な攻撃にどんどん変わっていく。

もちろん、反撃しなくても攻撃しまくってくるのも

この人達の特徴でもあるんだけども。

-未分類

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.