自己愛性人格障害者のモラハラ対策のためのサイト

未分類

自己愛性人格障害者は誰にキレているのか?

更新日:

自己愛性人格障害者は、

被害者に対して怒っていると思っている人が

大半のはず。

だって自己愛性人格障害者自身が

「お前のここがダメなんだ!」と言い出し、

被害者がいかに悪人かを説いてくるから。


ただ、自己愛性人格障害者は「被害者に対してキレているわけではない」。

だって、被害者がどういう人間か、どういう考えをもって

その行為に至ったかっていうのを自己愛性人格障害者は

全然知らないし知ろうともしないから。

じゃあ何にキレているのかというと、自分自身。


これは自己愛性人格障害者がやる「投影」「投影性同一視」に

関係していて、

自分の認めたくない自分自身の悪の部分とか、みっともない部分とか、

欠点とか、そういうものを全部被害者に投影して、

「被害者が悪いことにする」。

つまり自己愛性人格障害者が持っている悪の部分は、

全部被害者の考えであるということにする。

だから自己愛性人格障害者のキレているときを見てみると、

まるで被害者があくどいことを考えていたみたいに、

パートナーをわざと罠にはめたり不機嫌にしようと

しているみたいに被害的に言ったり、

理にかなっているみたいな言い方をしてすごく理不尽なことを

言ってる。そんな証拠はどこにもないのに、

急に決めつけて怒りだす。

自分を大切にしていない、むしろ自分が怒るように

挑発しているんだろ!お望み通り怒ってやる!

というような口ぶり。


けどそれって、自分がそういう「人を挑発するような

考え方」をしているから、

被害者もそうだろうと思うことによって、

自分自身の醜いところを被害者に映し出してキレてる、という仕組み。

だから被害者がどういう人間だろうと、

自分の醜い部分を投影して、そのたびにキレだす。

特に自己愛性人格障害者が納期とかで仕事に追われているとき、

忙しいとき、ゲームがうまくいかなかったとき、

自分の思い通りの生活ができなかったとき。


そういうストレスから逃げ出すために、

そのたび「被害者のせいだ」と思い込んでは

キレだす。

その繰り返し。

-未分類

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.