自己愛性人格障害者のモラハラ対策のためのサイト

未分類

モラハラの加害者は、モラハラを後悔するのか

更新日:

基本的に、モラハラをする人は、

モラハラを後悔はしない。

「あんなことをして、絶対に許されないことだ」とか

自己愛性人格障害者自身がそんなことを言っていたとしても、

それは本気じゃない。かといって演技でもないんだけど。

本心ではないんだけど、「そう思っている気分だけはする」。

そういう感覚。


「自分って、あんなひどいことをするなんて

自分でも信じられない!」という言葉ほど信ぴょう性がないものはない。

自己愛性人格障害者自身、そう言っているときというのは

実感もないし中身が全然ない。


自己愛性人格障害者が後悔の言葉を口にするのは、

モラハラがまだそんなにエスカレートしていないときとか、

モラハラが過ぎて被害者が逃げようとか

そういうアクションを見せたとき。


そういうときはすぐ後悔の念を口にして反省したように

見せかけるんだけど。

後日、なーんにもなかったかのように

モラハラを繰り返す。そういうものです、この障害は。


自己愛性人格障害者は、「他人を傷つけたこと」を後悔するんじゃなくて、

「(ターゲットを失うくらいなら)怒りなんか表出しなければよかった」、

とかそういう感覚で言っているから、

そもそも後悔自体がズレている。


そういうときは、そういう後悔だけは本気でしていることが多い。

「ああ、あの時あんなこと言わなければ、あなたを傷つけずに済んだのに

(逃げようなんてしなくて済んだのに)」。

そういう意味の後悔。

けれど、それ自体も自己愛性人格障害者の異常性が隠されていて、

怒りを抑えることができない場面が多々みられるのに、

それを平然と「あの時あんなこと言わなければ・・・」とか言える。

いやいや違うよ。

「あの時あんなことを言う」のはもう自己愛性人格障害者なら

必然。怒りを爆発させないことができる自分、というものが

まるで存在しているような言い方をするけど、

怒りも必然だし、逆上するのも必然。


そうするしか自己愛性人格障害者なら選択肢がないのに、

それ以外の選択肢もとれるんだけどね~なんて平気で

言えるところがすごいところ。


だから、「傷つけたことを本当に申し訳ない」と思うことはない。

その傷が実感できないから。そういわれたときに、自分が傷もつかない

(そういう無敵状態になっている)から、

人の傷なんてまるで見えていない。

だから後悔する材料がない。

-未分類

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.