自己愛性人格障害者のモラハラ対策のためのサイト

未分類

諦めが悪い

更新日:

自己愛性人格障害者のしつこさというのは

諦めの悪さにも影響する。


諦め、というのは自己愛性人格障害者の辞書には

ないんじゃないかってくらいしつこい。

そして諦めが悪い。

諦めが悪いから、「諦めてくれ」という提案は

聞き入れず、聞き入れたら自分の負けでしかないと思ってる。


だから、諦めない。

それが際立つのが別れのとき。

「そういう理由じゃ別れの理由としては受け入れられない。

だから別れない」

「別れてもいいけど、じゃあこうしてほしい。

この条件を受け入れられないなら別れられない」

「どうしてもやましいことがあるんでしょ。

別れたいなら正直に言わないと」

・・・とか、とにかく自分の有利なほうにもっていこうとするし、

別れれば投影相手をなくしてしまうのと一緒だから

別れたいという気持ちも、別れたい理由もまず

全然聞いていないみたいな感じの反応しかしない。


けど、それが良い方向(自己愛性人格障害者にとっては・・・

だけど)に結びつくこともある。

彼らはその執念深さ、あきらめの悪さで、

自分の理想を形作っていく場合もあるから。

いい学歴だけを求めて勉強したり、

いい就職先だけを求めて嘘を並べ続けたり。

そういう意味では、上にのし上がっていくための

必要な要素なのかもしれない。

それ以上に社会で失敗経験があると、そういう

理想を形作っていく、という努力よりも逃げのほうが

先にきちゃうのもこの自己愛性人格障害者の

特徴なんだけど。

-未分類

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.