自己愛性人格障害者のモラハラ対策のためのサイト

未分類

自分を好きになれない

更新日:

自己愛性人格障害者の「自分を好きになれないレベル」

というのは計り知れなくて、本来の自分を自分の中に押し込めて、

「それは自分じゃない!」という思い込むことのできる

レベル。


ただただ思い込んでいるだけ、ではなくて

その思い込みが一生続く病気。


自分を好きになれないのになんで

「自己愛性人格障害?」という感じなんだけど、

「自分を好きになれないのに」じゃなくて

「自分を好きになれないからこそ」の

自己愛性人格障害だから。

自分を好きになれないからこそ、

自分を好きにならなくては(生きていけない!)と

いう心理が働くということ。

その心理というのは、人が生きていくための、

精神崩壊を起こさないための本能であるということ。

だから、自己愛性人格障害者がもし治そうと思っても

簡単には治せない。

だって自分が生きていくのに辛くない方法を選ぶのが

人間の摂理みたいなもんで、それがモラハラ思考に

ぴったりだから。

自分が好きになれないから、いいや自分は自分のことが

大好きだ!と思わないといけなくて、もうそれには本来の

自分というのは邪魔者そのもの。そういう自分をチャラにして、

欠陥のない失敗もない神のような人間と置き換える。

そしてそれが本当の自分であるということにする。

欠陥がない自分なら愛せると思っているから。

失敗のない自分はみんなから愛されるべきであるから。

けど結局、自分のことを好きになれなくて、

本来の自分は帳消しにならなくて、たくさんの現実が流れていくなかで

本当の自分というものとも向き合わないといけなくなるから、

そこから目をそらす。

それが「自己愛」に執着する理由。

-未分類

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.