自己愛性人格障害者のモラハラ対策のためのサイト

未分類

敵か味方か、両極端

更新日:

モラ夫はよく、私に

「お前だけは信じているから」「味方だと思っているから」

ということを言っていた。


今はいないけど、昔いて会社をひっかきまわしてた

モラハラ同僚も「敵か味方かちゃんとかぎ分けないと

いけないよ」って何度も周りに言って回ってた。


自己愛性人格障害者は、自分自身もいい部分と悪い部分に

分かれているから、

他人もそうなんだと思っている。いい他人か、悪い他人。

自分のことをからかおうものなら、

自分を馬鹿にする悪いやつ。

こういう人は一生、自己愛性人格障害者の恨みを買う。

つまり、敵認定される。

けれど、自己愛性人格障害者にとってはターゲットもさっさと敵になる。

つまり、モラ夫にとっての私も、味方なんかじゃなくて敵。

自分の言うことを(わざと)聞かない、

自分を馬鹿にする敵。


裏切るなよ、という意味だったんだろうけど、私にとっては

自分の思い通りに、自分の人生を楽しむことでも

相手にとっては「俺がいかに不幸であるかを見せつける」

「不幸な俺を放っておいて自分だけ楽しんでいる」行為でしかない。

それが自己愛性人格障害者のカンにさわる。


自己愛性人格障害者にとって味方というのは

自分の取り巻きや自分にとって都合よく働いてくれる、

自分の思想に共感してくれる、反抗しない人。

つまり自分がないひと。自己愛性人格障害者に流される人。


彼らにとって、そういう人間か否か?ということしか

他人を判断する基準はない。

すべてが自分中心だから、そういう判断しかできないし

そういう判断だけで人生を渡り歩いていくのに事足りる。

-未分類

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.