攻撃は「愛情の裏返し」

ターゲットになるような人は、

みんなそう思っちゃうんじゃないか。

「自分の事を好きすぎて、逆におかしくなっちゃった」とか

ものすごい都合のいい考え方だよね。

すごい認知の歪み。

「本当は愛情深い人なんだけど、愛情表現が

うまくできないだけなの!」

っていう解釈。そしてそれを

「唯一、理解してあげられるのはワタシ。」

「そう、ワタシだけがこの人の痛みを分かってあげられるの!」

ていうことだよね。きっと。たぶん。

この感覚がまず重要なんだよね。この感覚を得るために

わざわざターゲットにまで成り下がってる人って

多いんじゃないのかなあ。


少なくとも私はそう。

モラ夫との出会いから交際まで、相当な「この人、いったい

どういう人なんだろう?独特すぎてわかんないよー」

という感覚と一緒に

「でもこの人は私をとんでもなく好いていてくれる

みたいだから、私も理解してあげたい!」とかいう

感覚がウワっと沸いてでてくるような。

「こういう人にまで、慈悲深いワタシ」みたいな感情を

私は得ようとしてた。

そういう人間になりたくて。

人を嫌いになんかなりたくなかった。

この人のことニガテなんだねー。とか思われるのも

嫌だった。

だから、ニガテな人間ほど好きを装う。こういうものも

反動形成っていうの?嫌いなのに好きって信じたりすることも?

嫌いな感情を回避することも?


とりあえず、攻撃するってことはその人が

嫌いってこと。いくら装うとしたって攻撃性が

表れちゃってるだけなんだと・・・思う。

呪縛から逃れた今だからこそ考えられるだけだけど。