自己愛性人格障害者のモラハラ対策のためのサイト

未分類

被害者ってどれくらいいるんだろう。

投稿日:

DV被害者ってどれくらいいるんだろう。

「配偶者からの身体的DV」っていうものの相談件数だけでいえば

平成30年のデータで9042件。

平成27年までは精神的DVとかも含んでいたらしいけど、

それでもこの9042件には満たない。

それだけ暴力事件が増えたのか身体的な暴力を受けて

警察とかに相談にいく人が増えたのか??

暴力事件が増えたとは考えたくないけど。

言いやすい世の中になったのかな。ネットなんかないころは

知識もないし耐えるのが当たり前、みたいな感じだったんだろうね。

出戻りなんか恥みたいな風潮だったろうし。


この9042人の加害者のうち最も多いのは30代で

28.7%。続いて40代らしくて27.6%。

50歳代も1割以上はいるようだけど、60歳代からになると

がくっと下がる。

歳を取れば加害行為がなくなるとは考えにくいから、

被害に遭うほうももう諦めている年代になっているのか

なんなのか。

加害者と被害者の関係ではそれぞれ婚姻関係、内縁関係、交際関係って

なっているんだけど(元含む)っていうところがすごく

重要なんじゃないかな。

元含む、ってことはそういう関係になくなっても

執着するってことだよね。

いやむしろそういう関係になくなったからこそ

余計に執着する心が強くなるのか?

被害者を取り戻そうとして。

被害者を取り戻そうとして、っていう感覚も多分

違うのか。とっても近くて親しい関係のはずなのに

なんで別れないといけないんだ!認めないぞ!

とかって嫌われてると認められない心がそうさせるのかな。

(元含む)じゃなくて「元」の割合を教えてほしかったり。


もう、逃げたいときは逃げればいい。そういう環境は昔とすると

整いつつあるとは思う。

けどこの逃げたいとか逃げる覚悟っていうもの、

決意みたいなのが大変なんだよな。

ストーカー化されても怖いし。元夫からとんでもない

量のメールと着信があったときは実際怖かったし(もともとから

連絡がちょっとでもつかないとそういうケがあったけどさ)。

身の危険、命の危険を感じるんだよね。

それ以上にモラハラに耐えられない、耐えれそうにないって

いうレベルまで被害に遭わないと難しいんだろうし

洗脳状態にあると体力も気力も持たないからなあ。

難しいところ。

-未分類

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.